装置

金型予備加熱装置

始業時や金型交換時、金型の温度を成形可能な温度まで昇温させる時間が馬鹿になりません。
そこで誘導加熱により、目標の温度まで一気に昇温!!

と行きたいところですが、
誘導加熱により金型全体を成形できる温度に均一に昇温することは、とても難しいのです。誘導加熱はどうしても表面からの加熱となり内部の昇温は伝導熱に依るものとなるからです。低い周波数を選択すればそれなりに内部への高周波電流の浸透深さも変わってきますが、それでもせいぜい10mmまでくらいでしょうか…

そこで均一の温度にするのは、通常のヒーターにお任せすることにして、一番 電力と時間のかかる、必要な温度近辺までの予備加熱に誘導加熱を用います。誘導加熱による加熱なので金型自身が発熱し、余計な媒介物(空気や水、油等)を温める必要がなく、経済的にも環境的にも優れています。

金型によるエンプラ成形品は、1台の加工機で金型を取替え複数の成形品を加工することが少なくありません。金型交換の時間が予め決まっているのであれば、『その時間に合わせて誘導加熱により金型を昇温させておく』というわけです。

 

 

コメントを残す

*

CAPTCHA