装置

ロウ付け(ロウ付け用高周波加熱装置)

高周波ロウ付け装置

高周波によるロウ付け装置の一番のメリットは、『誰にでもできる』 ではないでしょうか?
また高周波加熱は、母材自身が発熱する為 CO2の排出量が少ないので環境にも優しく、作業環境も悪化させません。

さて 一般的にロウ付けは、ガス溶接でアセチレンガスと酸素をトーチで混合させ炎で母材を温めロウ材を溶かしていく作業になります。 ロウ付けの一つ目のハードルがこのトーチの扱いになると思います。アセチレンと酸素のバランスが良くないと母材の温度が上がってくれませんし、バランスに失敗すると煤だらけになったり パチン!と逆火させてしまったりします。母材の温度が充分でないとうまくロウが回らなかったり、逆に温度が上がりすぎるとロウに巣が出来てしまったりと、きれいにロウ付けを行うためには訓練が必要です。

しかし、高周波によるロウ付けは、今日始めた人にでも同じ品質でロウ付けすることが可能になります

弊社では、これまでにガンドリルの「チップとシャンク」のロウ付けや、オイルポッドの半田付け、「フィラーパイプとステー」のロウ付け等の加熱装置を製作して参りました。

 


 

work5-1

ガンドリルのチップとシャンクの銀ロウ付け


 

DSC00007

真鍮と鉄の半田ロウ付け


 

SUS に銅パイプを銀ロウ付け


 

水道配管(SUS)に鉄パイプ(細管)を真鍮ロウ付けしています


★圧着端子にハンダ付けをする様子はこちらから

★ 『こんなのできますか?』 というご質問は下記からお気軽に…

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

コメントを残す

*

CAPTCHA